ロスト・サンクチュアリRの発売はいつか?新カードは何かを予想してみた。(遊戯王OCG)

「ロスト・サンクチュアリ」。遊戯王OCGの天使族ストラクチャーデッキです。

 

ストラクチャーデッキには、かつて発売したものをリメイクした「ストラクチャーデッキR」というものがありますが、まだ「ロスト・サンクチュアリR」は発売されていません。

 

「ロスト・サンクチュアリR(リメイク)」はいつなのか?気になりますよね。

 

ちょうど(この記事を書いた)本日、10/4は天使の日。

 

というわけなので、遊戯王の天使族ストラクチャーデッキ「ロスト・サンクチュアリR(リメイク)」の発売はいつなのか?

 

新たに収録されるであろうカードは何なのかを、予想していきたいと思います。

 

 

※この記事の内容は、あくまでも予想です。確定情報ではないのでご注意ください。

~この記事で書いてあること~

遊戯王OCG「ロスト・サンクチュアリR」の

・発売時期はいつなのかの予想

・新たに収録されるカードな何なのかを考察

 

(2020年11月7日更新

オリジナルカード「輪廻の代行者 ネプチューン」の欄追加

2020年12月29日更新 

「漫画版『遊戯王GX』オリジナルカード、「ホーリー・サンクチュアリ」が登場?」の欄追加)

 

遊戯王ストラクチャーデッキ「ロスト・サンクチュアリ」とは?

 

「ロスト・サンクチュアリ」とは、2010年12月11日に発売されたストラクチャーデッキです。

 

「代行者」と呼ばれる天使族モンスターがテーマになっています。

 

当時の環境では、この「代行者」が環境を制するほど、強力なデッキとなりました。

 

おまけに、このストラクチャーデッキを3箱買うだけで環境トップに入れるデッキを作れるほど、お手軽なストラクとも言われていたそうです。

 

「ロスト・サンクチュアリR(リメイク)」の発売はいつなのか?

 

それでは、「ロスト・サンクチュアリR(リメイク)」の発売日はいつなのでしょう?

 

「ロスト・サンクチュアリR」の発売は、2021年の2月~3月辺りに発売されることが予想されます。

 

なぜなら、ストラクチャーデッキのリメイク(ストラクチャーデッキR)は、だいたい半年ごとに発売されているからです。

参考

『ストラクチャーデッキR-ウォリアーズ・ストライク』 2019年9月28日発売

『ストラクチャーデッキR-マシンナーズ・コマンド』  2020年2月22日発売

『ストラクチャーデッキR-ドラグニティ・ドライブ』  2020年8月29日発売

さらに、上記で挙げたデッキのリメイク前の方も、Rと同じ順番で発売されていました。

参考

『ストラクチャーデッキ-ウォリアーズ・ストライク』 2009年6月20日発売

『ストラクチャーデッキ-マシンナーズ・コマンド』  2009年12月12日発売

『ストラクチャーデッキ-ドラグニティ・ドライブ』  2010年6月19日発売

『ストラクチャーデッキ-ロスト・サンクチュアリ』  2010年12月11日発売

なので、順番的にも、「ドラグニティ・ドライブR(リメイク)」の次は「ロスト・サンクチュアリR(リメイク)」になる可能性は高いというわけです。

 

「ロスト・サンクチュアリR(リメイク)」での新カードは?

そして、「ロスト・サンクチュアリR」で新たに登場するであろうカードも予想してみたいと思います。

・新カードが「ロスト・サンクチュアリR」の看板カードに?

 

リメイク前の「ロスト・サンクチュアリ」の看板カードは「マスター・ヒュペリオン」でした。

 

「ロスト・サンクチュアリR(リメイク)」では、看板カードが「マスター・ヒュペリオン」の派生カードとなるのか、それとも全く別のモンスターが看板カードになるのか、気になるところであります。

 

どちらにせよ、いまだ登場したことがない新カードになることは確かだと思います。

 

ちなみに、「マスター・ヒュペリオン」は、太陽の神をイメージしたカードなので、もしかしたら月の神が現れる可能性もありそうですね笑

 

・新たな代行者「ネプチューン」の登場?

 

「代行者」モンスターとは、惑星をイメージしたテーマとなっています。

 

惑星とは、水星・金星・地球・火星・木星・土星・天王星・海王星のことを言います。

 

この内、水星から天王星までをモチーフにしたモンスターは、既に登場しているんですね。

 

(水星=マーキュリー・金星=ヴィーナス・地球=アース・火星=マーズ・木星=ジュピター・土星=サターン・天王星=ウラヌス)

 

まだ登場していなのが、海王星=ネプチューン。

 

きっと、この「ロスト・サンクチュアリR(リメイク)」で、「〇〇の代行者 ネプチューン」が出るのはほぼ確定的ではないかと思われます。

 

一体「〇〇の代行者 ネプチューン」の〇〇には何が入るのかも気になります。輪廻の代行者みたいな名前だとかっこいいですね笑

 

あと、既存の「代行者」モンスターはレベル2~6まで揃っているので、ネプチューンはレベル1か7になる可能性も高いのではないかと思います。

 

さて、ここで一つ、私が考えたオリジナルカードを紹介したいと思います。

 

 輪廻の代行者 ネプチューン
(1)このカードが戦闘で破壊され墓地へ送られた時に発動できる。
デッキから「代行者」モンスター1体を特殊召喚する。
フィールド上に「天空の聖域」が表側表示で存在する場合、
代わりに「マスター・ヒュペリオン」1体を特殊召喚できる。

 

※上記は筆者オリジナルカードです。公式カードではないのでご注意ください。

 

この効果は、同じ天使族をテーマにした「ワルキューレ」モンスター、「ワルキューレ・フィアット」をモチーフにしています。

 

「ワルキューレ・フィアット」は、自身が戦闘で破壊され墓地へ送られると、デッキから「ワルキューレ」モンスター1体を特殊召喚できる効果を持っています。

 

この、『戦闘で破壊され墓地へ送られると、デッキからモンスターを特殊召喚できる』効果を持つモンスターのことを、リクルーターと呼びます。

 

「代行者」モンスターには、リクルーターと呼ばれるカードはないので、ネプチューンをリクルーターにするのもいいのではないかと思い、上記の効果を考えました。

 

自身が破壊されても、新たな代行者がやってくるとなれば、まさに「輪廻」と言えると思います。

 

上級モンスターである「裁きの代行者 サターン」や「死の代行者 ウラヌス」もお手軽に出せるとなれば、嬉しいですよね。

 

ちなみに、『フィールド上に「天空の聖域」が表側表示で存在する場合~』は、同じ代行者の「神秘の代行者 アース」や天使族リクルーターの「コーリング・ノヴァ」の効果をモチーフにしています。

 

・フィールド魔法「天空の聖域」を墓地から復活させるカード?

 

リメイク前の「ロスト・サンクチュアリ」のキャッチコピーは、

太陽の神ヒュペリオンが代行者を束ねし時、失われた聖域が復活する。

といったものでした。

 

しかし、そのヒュペリオン(マスター・ヒュペリオン)には聖域(天空の聖域)を復活させるような効果はありませんでした。

 

なので今回こそ、そのキャッチコピー通りの、「天空の聖域」を墓地から復活させる効果を持ったカードが出てきてほしいと思います。

 

・「代行者」モンスター全種類を入れるメリットを生み出すカード?

 

これは個人的な願望が大きくなるかもしれませんが、「代行者」モンスター全種類を入れるメリットが生まれるようなカードが出てほしいですね。

 

例えば、「代行者」モンスター全種類が、墓地やフィールに揃うことで発動できる効果を持つカードなどですね。

 

実を言うと、アースやヴィーナス以外は少し使いづらいとされることが多いです。(特にマーキュリー)

 

しかし、それで一部の代行者しか採用されなくなると、寂しい感じがします。

 

せっかくネプチューンも加わって惑星をモチーフにした「代行者」モンスターがついに全て揃うとなれば、やはりマーキュリーからネプチューンまで全ての「代行者」をデッキに入れたくなるんですよね笑

 

さらに言うと、その使いづらい「代行者」を強化したりサポート出来るカードも収録されると、嬉しいです。

 

・漫画版『遊戯王GX』オリジナルカード、「ホーリー・サンクチュアリ」が登場?

 

漫画版『遊戯王GX』には、OCG化されていない天使族サポートカード「ホーリー・サンクチュアリ」というカードが存在します。

出典:漫画『遊☆戯☆王GX』第5巻 106ページ 著:影山なおゆき

 

このカードは、漫画版「神の居城-ヴァルハラ-」の発動条件にもなっていました。

出典:漫画『遊☆戯☆王GX』第5巻 107ページ 著:影山なおゆき

しかし、この「神の居城-ヴァルハラ-」は、OCGだと発動条件が無くなった代わりに、墓地から天使族モンスターを特殊召喚出来なくなるなど、多少のアレンジが加えられています。

 

となれば、「ホーリー・サンクチュアリ」もOCG化される時は、漫画版からアレンジされる可能性が高いのではないでしょうか。

 

ちょうど「サンクチュアリ(聖域)」の名前を持ってますし、「パーシアスの神域」のように「天空の聖域」の代わりになるカードとしての登場が期待できると思います。

 

 

まとめ

以上、遊戯王の天使族ストラクチャーデッキ「ロスト・サンクチュアリR(リメイク)」の発売はいつなのか?新たに収録されるであろうカードは何なのか?を予想させていただきました。

 

私は、天使族カードを好んで使う事が多いので、「ロスト・サンクチュアリR(リメイク)」にはかなり注目しております。

 

リメイク前の「ロスト・サンクチュアリ」の時のように、再び「代行者」が環境トップレベルに食い込むかどうかも注目したいですね。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!