「マスターフレア・ヒュペリオン」の効果が面白い!?(ロスト・サンクチュアリR)

こんばんは、Hope(ホープ)です。

 

前回、遊戯王OCGストラクチャーデッキR「ロスト・サンクチュアリ」の新カードである、

 

「命の代行者 ネプチューン」について紹介しました。

 

「命の代行者 ネプチューン」の総評はいかに!?(ロスト・サンクチュアリR)

 

今回は新カードかつシンクロモンスターである、「マスターフレア・ヒュペリオン」の効果などを紹介し、

 

筆者の総評を語っていきたいと思います。

 

なお、該当するカードの画像や効果テキストなどは、こちらの公式サイトを参照していただく形になりますので、ご了承ください。

「マスターフレア・ヒュペリオン」の印象・総評

なんと、代行者の主と言えるヒュペリオンが、シンクロモンスター化しました!

ステータスも「マスター・ヒュペリオン」より強化されていて、強力な効果もついています。

 

『第一印象について』

ヒュペリオンの進化系ということで、他のヒュペリオンより派手な印象を受けますね。

ポーズも少し躍動感があってかっこいいと思います。

背景にも、太陽系を表していると思われる輪っかがあり、これもロマンがあっていいですね。

 

『ステータスについて』

攻撃力3200、守備力2600。

光属性天使族で、レベル10。

素材は「チューナー+チューナー以外の天使族モンスター1体以上」になっています。

攻撃力守備力は、「マスター・ヒュペリオン」の攻撃力守備力を、それぞれ500アップした数値ですね。

レベル10なので、レベル8の「ヒュペリオン」モンスターと「神秘の代行者 アース」、

または、自身の効果で「アース」を墓地に送りレベル2となった「死の代行者 ウラヌス」がシンクロ素材として使いやすそうだと思います。

特に、「マジェスティ・ヒュペリオン」は墓地からでも自身の効果で特殊召喚できるので、

素材を揃えやすいのではないでしょうか。

 

『効果について』

「マスターフレア・ヒュペリオン」には、2つの効果が備わっています。

(同名カードを含み、それぞれ1ターンに1度しか使用できません。)

 

「(1)の効果」

一つ目の効果は、

『「代行者」モンスターか「天空の聖域」が記されたモンスター1体を手札・デッキ・EXデッキから墓地に送り、エンドフェイズまでこのカードはそのモンスターと同名カードとして扱い、同じ効果を得られる。』

というもの。

これは面白いことになりそうだと思いました。

手札やデッキだけでなく、EX(エクストラ)デッキからも墓地に送れるのは大きいですね。

そして注目は、その墓地の送ったモンスターのカード名と効果をコピーできるところ。

「代行者」モンスターからは、「創造の代行者 ヴィーナス」をコピーし、「神聖なる球体」を複数特殊召喚したり、

自分のライフが相手より超えていれば、「力の代行者 マーズ」や「裁きの代行者 サターン」をコピーするのも面白いと思います。

EXデッキからは、「天空神騎士ロードパーシアス」辺りもコピー候補に入れられるのではないでしょうか。

 

「(2)の効果」

二つ目の効果は、

『相手がカードの効果を発動した時、自分の手札・墓地から天使族モンスター1体を除外することで、フィールド上のカード1枚を除外できる。』効果。

発動条件が「相手がカードの効果を発動した時」と「自分の手札・墓地から天使族モンスター1体を除外」なので、比較的緩い条件で発動できると思います。

ただ、相手がカードの効果を発動した時なので、やや受動的な印象はありますね。

しかし、例えばこのカードを特殊召喚した時、相手に「奈落の落とし穴」を発動されたとしても、それにチェーンしてこの除外効果を発動できるのは便利だと思います。

(カウンター罠なので特殊召喚そのものを無効にされると、チェーンできないので注意。)

 

 

「総評」

「マスターフレア・ヒュペリオン」についての総評としては、

「代行者デッキなら比較的出しやすそうで、特にコピー効果が面白そう!」といった感じですね。

「マスター・ヒュペリオン」や「マジェスティ・ヒュペリオン」がレベル8で、

チューナーの代行者モンスターでレベル2の「神秘の代行者 アース」がいるので、

シンクロ召喚は結構狙いやすいでしょう。

そして、他の「代行者」モンスターや「天空の聖域」が記されたカードをコピーできる効果。

「代行者」モンスターをコピーできるというのは、まさに代行者の主といった威厳を感じられますし、

色んな使い方が出来そうなので、これは面白いなと思いました。

正直、看板モンスターの「マジェスティ・ヒュペリオン」が、少し微妙な感じがしたので、

この「マスターフレア・ヒュペリオン」こそが、真の看板モンスターといっていいのではないか!?

と感じるところもあります(^_^;)

 

まとめ

「ロスト・サンクチュアリR」の新カードで、シンクロモンスターである

「マスターフレア・ヒュペリオン」の効果などを紹介や、総評を語っていきました。

「ヒュペリオン」が進化した姿といえるのもあり、見た目や効果も派手さを感じられる1枚だと思います。

今後も「ロスト・サンクチュアリR」について語っていきたいと思いますので、よろしくお願いします。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!