ロスト・サンクチュアリRに新リンクモンスター収録!?(遊戯王OCG)

こんばんは、Hope(ホープ)です。

 

先日、遊戯王公式より、ストラクチャーデッキR「ロスト・サンクチュアリ」に更なる新カードが収録されることが発表されました。

 

その内の一枚が、なんとリンクモンスター!

 

上記のツイートにもある「代行者の近衛 ムーン」です。

 

その他発表されたのが、魔法カード「天空の聖水」・シンクロモンスター「冥府の執行者 プルート」でした。

 

今日はそれらの3枚について、簡単にコメントしていきたいと思います。

 

また、該当カードのイラストやテキストは、こちらの公式サイトを参照していただく形となりますのでご了承ください。

「代行者の近衛 ムーン」の印象

まさかの「代行者」にリンクモンスターが追加されました!

前に書いたこちらの記事で、「月の神みたいなのが出るかもしれない」みたいなこと書いたのですが、

本当に月をモチーフにしたカードが出てくるとは驚きです笑

召喚条件も天使族モンスター2体と、緩い条件なので出しやすそうだと思います。

効果もなかなか便利そうな印象を受けます。

あと、イラストが可愛い・・・笑

「天空の聖水」の印象

『「天空の聖域」をデッキから発動、または、「天空の聖域」が記されたカードを手札に加える』効果が、かなり便利だと思います。

「天空の使者 ゼラディアス」さんが少し影が薄れてしまう可能性もありますが…(;’∀’)

「冥府の執行者 プルート」の印象

海王星(ネプチューン)に続いて、冥王星(プルート)をモチーフにしたカードが代行者として登場しました。

(名前には代行者とついてませんが、ルール上代行者として扱う効果があります。)

冥王星とは、惑星から準惑星へと格下げされてしまった星であります。

私としては、冥王星をモチーフにした代行者が出るか微妙・・・出るとしても、罠モンスターみたいな感じで出るのではないかと思っていました。

それがなんと、名前には「代行者」とつけず、効果で「代行者」モンスター扱いとするとは、すごい発想だと思いました!

レベル5のシンクロモンスターであり、少し合わせづらそうな印象がありますが、なかなか強力な効果を持っているので、シンクロを狙える時は狙っていきたいですね。

 

まとめ

以上、今回発表されたストラクチャーデッキR「ロスト・サンクチュアリ」の新カード3枚について、簡単にコメントしてみました。

 

新リンクモンスターである「代行者の近衛 ムーン」や、シンクロモンスター「冥府の執行者 プルート」といった新たな代行者モンスターが増えたこと、大変嬉しく思います。

 

今後もロスト・サンクチュアリRに関する記事を書いていきたいと思いますので、よろしくお願いします。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!