「始祖の守護者ティラス」をデュエルリンクスで召喚する方法は?【遊戯王】

こんばんは、Hope(ホープ)です。

 

今日は、デュエルリンクスの話をさせていただきます。

 

紹介するのは、「始祖の守護者ティラス」。

 

 

このモンスターはランク5の天使族エクシーズモンスター。

 

BOX「レイジ・オブ・ヴォルケーノ」でSRカードとして収録されています。

 

SRなので、引き当てるのはなかなか難しいですね…(私も、残り8パックほどになった時に、ようやく引き当てました(^_^;)

 

さて、この「始祖の守護者ティラス」を召喚するにはどうすればいいのか?それについて解説していきたいと思います。

 

 

「始祖の守護者ティラス」をお手軽に召喚するには?

 

「始祖の守護者ティラス」をお手軽に召喚する方法は、色々あるかもしれません。

 

しかし、私は天使族デッキを使っているという事で、『天使族デッキで「始祖の守護者ティラス」をお手軽に召喚するにはどうすればいいか?』という視点でお話させていただきます。

 

では、その天使族デッキで「始祖の守護者ティラス」を召喚するにはどうすればいいか?

 

私は、代行者デッキに、とあるスキルを併用すれば、お手軽に召喚出来ると思っています。

 

そのスキルとは…

 

「レベルコピー」です!

 

「レベルコピー」とは、『自分フィールド上のモンスター1体のレベルを、手札のモンスター1枚のレベルと同じにする。』という効果を持ったスキルです。

 

このスキルは、遊星・クロウ・アキ・遊馬が取得できるスキルですが、入手条件は結構きつめです。

 

(条件:レジェンドデュエリスト戦かランク戦で、稀にドロップ)

 

もし、スキルくじを持っていれば、それを使って入手するのもいいかと思われます。

 

 

代行者デッキで、「始祖の守護者ティラス」を召喚!

 

さて、スキルの次は、実際に使用するデッキとカードを紹介していきます。

 

さきほども言いましたが、使用デッキは「代行者」。

 

その中で、ティラス召喚に必要になるのは、「天空の聖域」「神秘の代行者アース」「死の代行者ウラヌス」です。

 

 

手順としては、

 

手札に「死の代行者ウラヌス」、フィールド上に「天空の聖域」と「神秘の代行者アース」が表側表示で存在。

 

⇒スキル「レベルコピー」発動。フィールド上の「アース」と手札の「ウラヌス」を指定。

 

⇒スキルの効果で「アース」のレベルは5となる。

 

⇒フィールド上に「聖域」があるので、「ウラヌス」を手札から特殊召喚。

 

⇒レベル5モンスターが2体揃ったので、「始祖の守護者ティラス」をエクシーズ召喚。

 

 

このような流れで、「始祖の守護者ティラス」をエクシーズ召喚することが出来ます。

 

 

「始祖の守護者ティラス」の強み

では、この「始祖の守護者ティラス」の強みについて、いくつか挙げたいと思います。

 

『攻撃力が高めで、エクシーズ素材を持っていれば、カードの効果で破壊されない。』

 

「ティラス」の攻撃力は、2600。あのデーモンの召喚を上回っています。

 

さらに、エクシーズ素材があれば、罠カード「万能地雷グレイモヤ」や「狡猾な落とし穴」等のカードの効果で破壊されなくなります。

 

なので、強気に戦闘を行うのが得意であると言えると思います。

 

『戦闘を行うと、バトルフェイズ終了時に相手フィールド上のカード1枚を破壊できる。』

 

戦闘を行えば、さらに相手フィールド上のカード1枚を選択して破壊できます。

 

こちらも見逃せない効果ですね。

 

戦闘で相手モンスターを破壊した後で、さらに相手のカードを破壊できれば、かなりアドバンテージを稼げると思います。

 

 

ただし、後述の通り、弱点も結構あるので、万能という訳ではありません。

 

「始祖の守護者ティラス」の弱点

 

『エクシーズ素材を持っていなければ、効果を使えない』

 

素材を持っていない状態だと、上記の効果で破壊されない効果と、カード破壊効果は適用されません。

 

自分のターンのエンドフェイズに、自身のエクシーズ素材を取り除かなければならない効果も持っているので、

 

効果が発揮できるのは、自分のターンで数えて2ターンまでと言えるでしょう。

 

ちなみに、先行1ターン目で出すと、攻撃できないままエクシーズ素材が取り除かれるので、ちょっともったいない気もしますね。

 

 

『カードの効果で破壊されない効果は、破壊以外の効果に対しては無力。』

 

カードの効果で破壊されない効果は魅力的ですが、あくまでも破壊されないだけであって、効果を受けない訳ではありません。

 

なので、「次元幽閉」等の破壊ではない除去カードや、「禁じられた聖槍」等の攻撃力を下げるカードの効果は、受けてしまいます。

 

『攻撃力が高めではあるが、ブルーアイズなどにはあっさりやられる。』

 

攻撃力が2600で高めとはいえ、あまり過信は出来ません。

 

例えば、2021年1月にストラクチャーデッキでさらに強化されたブルーアイズ。

 

「ティラス」を出したと思ったら、次のターンいきなりブルーアイズを出されてあっさりやられることもあります。

 

「ティラス」自身に戦闘を補助する効果は持っていないので、他のカードで補うのもアリかもしれませんね。

 

 

まとめ

以上、デュエルリンクスの「始祖の守護者ティラス」について紹介させていただきました。

 

最初、「素材にレベル5モンスター2体は重いな」と思ったのですが、代行者デッキにスキル「レベルコピー」を使えば比較的容易にエクシーズ出来ることに気づきました。

 

実際にデュエルしてみると、結構「ティラス」を召喚出来る機会は多かったので、自分の中ではいい方法だと思っています。

 

また、代行者デッキの切り札である「マスター・ヒュペリオン」と「ティラス」が並ぶと、まるで代行者デッキの新たな切り札っぽく見えて、少し新鮮な気持ちになりますね笑

 

ちなみに、代行者モンスター関連で、「裁きの代行者サターン」の記事や、OCGの「ロスト・サンクチュアリR」の予想記事も書いていますので、よろしければ見てください。

 

・「裁きの代行者サターン」は、デュエルリンクスに実装されてるの?【遊戯王】

 

・ロスト・サンクチュアリRの発売はいつか?新カードは何かを予想してみた。(遊戯王OCG)

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!