新テニスの王子様【27巻】 266話 あらすじ・感想

こんばんは、Hope(ホープ)です。

前回の続きを書いていきます。

前回:新テニスの王子様【27巻】 265話 あらすじ・感想

注意:この記事は、「新テニスの王子様 第27巻」に関する内容・ネタバレを含みますので、閲覧にはご注意ください。

新テニ・266話。大混乱!シングルス2の勝敗の行方は!?

「」内の太文字はあらすじ、それ以外は私のコメントとなっています。

「真田に追い詰められ、何やら禁断の術のような呪文を唱え始めたおじゃーる。
それを見た真田に、平等院やデュークも冷や汗をかいていた。
しかし、そこでフランスの主将カミュが、『そこまでだよ。君の革命は今じゃない』と言って、止めに入った。」

デュークやカミュは、あれが一体どういった術なのか知っていたのでしょうか?

なんとか止めてくれたようで、安心しましたね。

「さらに、フランス側は棄権の申し出をした。よって、シングルス2は真田の勝利。そして、日本チーム3勝1敗ということで、日本代表の勝利が決まった。」

まさかの棄権で勝利が決まってしまいました。

カミュはおじゃーるにはその禁断の術以外に成すすべがないと判断したのでしょうか。

ただ、ややあっさりとした感じの勝敗の決し方にはなってしまいましたね。

「平等院は、『なるほど、ゴールデンエイジか』と思っていた。そこで、病院にいたリョーマが戻ってきた。日本選手やフランスの王子は、少し心配そうな様子だった。」

リョーマはもう無事のようですね。光る打球をカウンターされると、威力が二乗になるという話だったので、かなりの重症だったと思われますが、回復が早くてすごいです。

…あれ、ところでシングルス1のカミュとデュークの決戦は?

「試合終了後。コート外でカミュとデュークが話していた。デュークが『ここで決着をつけますかな?』と持ち掛け、二人は目を閉じた。」

こ、ここで決着!?明らかにテニスの試合は出来ないような場所で決着って、一体どうやってやるのでしょう…

「その後、デュークが『テニスの声、聴こえましたかな?』と尋ねると、カミュは『もちろんだよ』と返した。二人とも汗だくになっていた。」

これはつまり、お互い頭の中で決着、言い換えれば妄想の中で試合をする、ということになりそうですね。

それでもお互い汗をかいている辺り、二人の間ではかなり熱い試合のビジョンが見えていたのかもしれません。

それにしても、カミュのまつ毛、ものすごく綺麗ですよね笑

「そこでカミュは、『この大会に最低3人の中学生を入れることを義務付けられ、その中学生の使い方が勝敗のカギを握っていた。フランスの中学生を抑えた日本の選手が、きっと次世代のテニス界を担っていくだろう。』と言った。」

さっきの平等院の「ゴールデンエイジ」という発言と繋がっていそうですね。

そういえば、フランスのダブルス1は片方中学生、シングルス3と2は連続で中学生が出ていて、それらはすべて日本側が勝利していました。

(唯一日本側の敗北となったダブルス2は、フランス側が両方とも高校生でした)

「そしてデュークが、『我々の勝敗は見えましたかな?』と言うと、カミュはそれに対する答えは言わず、『世界に革命を起こしてくれ』と言って、握手を交わした。」

えええええ、結局カミュとデュークの試合はカットってことですか!?

なぜこんなことになったのでしょう…

カミュは、「独創的な戦術家」「愛のテニス」などといったことが紹介されていたので、一体どんな試合をするのか期待されていたはずです。

さらには、カミュとデュークを戦わせるために、日本の高校生が奮闘してお膳立てしようともしていました。(実際は監督自らデュークをシングルス1にしていましたが)

それをカットってなると、かなりガッカリしたと言わざるを得ないと思います。

一体どういう理由でこうなってしまったのか、理由が知りたいですね…

正直、平等院の「ゴールデンエイジ」発言や、カミュの「中学生の使い方が上手かった」的な内容も、試合カットを正当化させるために、最もらしいことを言わせたようにも感じられます。

「そして場面は、ドイツ代表の室内練習施設へと変わる。そこのテニスコートには、手塚と跡部の姿があった。」

まさかの因縁の二人。跡部がわざわざドイツ代表の施設に訪れるとは、手塚に何か用があったのかもしれませんね。

一体どのような内容になるのか気になります。

続く…

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

次回:新テニスの王子様【27巻】 267・268話 あらすじ・感想

P.S.

アニメ「テニスの王子様」全話を、動画サイト「U-NEXT」にて視聴できるようになりました。

特に「全国大会篇」シリーズは、8月までの期間限定となっています。

2021年の8月末でした、申し訳ございません。

詳しくは、こちら