新テニスの王子様【27巻】 264話 あらすじ・感想

こんばんは、Hope(ホープ)です。

前回まで、新テニスの王子様26巻のあらすじ・感想を書いていました。

前回:新テニスの王子様【26巻】 262・263話 あらすじ・感想

今回からは、27巻のあらすじ・感想を書いていきたいと思います・

注意:この記事は、「新テニスの王子様 第27巻」に関する内容・ネタバレを含みますので、閲覧にはご注意ください。

新テニ・264話。27巻突入!最恐の心理術、「五車の術」とは!?

「」内の太文字はあらすじ、それ以外は私のコメントとなっています。

「フランス戦シングルス2、真田の対戦相手であるおじゃーるは『五車の術』の使いであるという。真田が『黒龍二重の斬』という、シングルスでは返せる打球ではないと言われる技を使ったが、なんと、おじゃーるは一人で返してしまった。それを見た幸村は、『真田に迷いが生まれてしまっている』という。ゲームカウントは4-5と追いつかれてしまった。」

あの黒いオーラ、通称ダブルクラッチとも言われる必殺技『黒龍二重の斬』すら攻略されてしまうとは、この五車の術で具体的に何をしたのかが気になりますね。

「次のゲーム、真田はアウトを連発し、ついにブチぎれてラケットを叩き壊してしまう。それを見た海堂は、『御意見五両堪忍十両はどうしたんスか…』と言った。」

真田がここまで荒れくれるとは驚きですね。
ちなみに、この海堂が言う「御意見五両堪忍十両」とは、合宿編で真田と海堂が一緒にジョギングしていた時に、
真田が言っていた言葉だったと思います。
これはことわざの一つで、どんなことにもじっと耐え忍ぶことは、とても大切なことだという意味だそうです。

「そこで日本の大曲が、五車の術について解説する。それは相手の喜怒哀楽の感情や心を巧みに操る、最も恐ろしい心理術だと。
『喜車』は相手を褒めたたえおだて、『怒車』は相手を怒らせ冷静さを失われせ、
『哀車』は相手に哀れな姿や言動で同情を誘い、『楽車』は相手の興味を惹く品を与え買収し弱みを利用して隙を作る。」

「五車の術」について詳しい解説が行われました。
試合前に人形を倒した真田に対して「さすが」をおだてたのが『喜車』、
人形を並べて「たわけ」と喝を入れさせたり、ラケット破壊まで行わせたのが『怒車』、
真田に圧倒されてた時に、膝をついて涙を流していたのが『哀車』
例の文鎮をプレゼントしたのが『楽車』のようですね。

特に文鎮プレゼントのシーンで、なぜこのようなことをしたのだろうか?と思ったりもしましたが、
まさか心理的に操るための行動だったとは驚きました。
他にも膝をついたりしたのも、哀車のための演技だった可能性が高そうですね。

「そして、そして最も恐ろしいのが『恐車』で、相手が触れられたくない事実や最悪の予測を伝えることで、戦意をくじいてしまうという。
おじゃーるは真田に『越前くんに一度負けたのに、彼の後にシングルス2として出るのはキツいでおじゃるな?』と言い、最後の『恐車』を発動させた。」

これは関東大会決勝戦での話ですね。真田が越前に負けてしまったことが、かなりショックなことだったのではないかと思うと、
これもかなり効いてしまうのではないでしょうか。

「この五車の術は、フランスの選手も受けたことがあるという。
王子は『喜車』、パリコレは『楽車』、エドガーは『怒車』、ジョナタンは『哀車』にやられてしまったそうだ。」

え、この人たちは、おじゃーるのそれぞれの術を受けた上で、敗北してしまったということでしょうか?
勝敗に関しての名言はされていませんので、そこははっきりとはわかりません。
一応中学生でありながらシングルス2を任されるぐらいなので、それ相応の実力者である可能性はあります。
あのリョーマをギリギリまで追い詰めた王子や、高校生のエドガーやパリコレに勝ったとすれば、フランスの中学生恐るべし…ということになりますね。

「真田は、その五車の術全てを受けてしまい、完全に戦意喪失してしまったと思われた。その時、『知り難きこと陰の如く』。そういって、おじゃーるのショットを軽々と打ち返してしまった。なんと真田は、相手の最も得意な戦い方を真っ向勝負で受けるために、術に掛かったフリをしていたという。」

ええええええええ、今までのはすべて演技だったんですか!?
相手を欺くために、わざわざラケットまで破壊したりして…
しかし、あのフランスの選手までかかってしまった五車の術が効かなかったとは、
やはり忍耐力が半端ないぐらいに鍛えられてたということなのでしょうね。
それにしても、真田はおじゃーるが五車の術の使いであることは、最初から知っていたのでしょうか?
柳から密かに聞いていたとすれば、文鎮プレゼントで柳も一緒に震えていたのも、また演技だった可能性もありますね。
ここからどう反撃していくのか、注目したいところであります。

続く…

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

次回:新テニスの王子様【27巻】 265話 あらすじ・感想

P.S.

アニメ「テニスの王子様」全話を、動画サイト「U-NEXT」にて視聴できるようになりました。

特に「全国大会篇」シリーズは、8月までの期間限定となっています。

2021年の8月末でした、申し訳ございません。

詳しくは、こちら