新テニスの王子様 ドイツ戦 手塚の勝敗について思うこと。

こんばんは、Hope(ホープ)です。

 

今日は、ドイツ戦での手塚の勝敗について思うことを書いていきます。

 

現在、新テニスの王子様で行われているドイツ戦。

シングルス2でドイツへ旅立った手塚と、日本の幸村が対戦しています。

その勝敗についてですが…

私は、「手塚は負けてもいいんじゃないか」と思ったりもしました。

しかし、よくよく考えると、「いや、やっぱり手塚が勝つべきか」と考え直しました

ややこしい話になってすみませんが、その理由を説明していきます。

 

「手塚は負けてもいいんじゃないか」と思った理由

最初に断っておきますが、私は手塚が嫌いというわけではありません。

また、あくまで「負けてもいいんじゃいか」という話で、「負けてほしい」という意味でもないです。

では、なぜ「手塚は負けてもいいんじゃないか」と思ったのか。

前提として、この世界大会では日本が優勝するストーリーだと思います。

このマンガの主役は日本のはずなので。

だとすれば、ドイツの選手になった手塚はどうなるか?

例えこの試合に勝っても、チームとしては敗北することになるでしょう。

それだと、「手塚は試合に勝ったが、チームとして世界大会で優勝することは出来なかった」ということになってしまいます。

前作では、青学の部長としてチームを全国優勝へ導いた手塚。

その手塚が、試合で活躍できたにも関わらず、世界大会での優勝という名誉を得られないのは、悲しいことだと思うのです。

それなら、むしろこの試合で負けた方が、逆にスッキリするというか、納得できような気もするのです。

これが、「手塚は負けてもいいんじゃないか」と思った理由です。

もちろん、これは日本チームが世界大会する前提での話なので、

もし日本がドイツ戦で敗北するストーリーになるなら、話は変わってきますけどね。

 

「いや、やっぱり手塚が勝つべきか」と考え直した理由

さきほど、「手塚は負けてもいいんじゃないか」と思ったにも関わらず、「いや、やっぱり手塚が勝つべきか」と考え直した理由は何か?

手塚は、新テニスの王子様に入ってから、「チームのために自分を犠牲にするようなことが多かったが、自分のために戦うように考え方が変化した。」

そのような描写がされていました。

例えば、合宿編で行われた大和元部長との対戦。このとき大和から「もっと自分のために戦ったほしい」と言われたことで、

手塚は「もう自分がやるべきことは全て終わった」ということに気づき、天衣無縫の極みにたどり着きました。

さらにドイツ戦の前、ドイツの選手村で跡部と手塚が練習していた時、

手塚が「誰と戦うことになっても、俺は勝つ」と言うと、跡部は「その言葉、自分のために戦ってるじゃねーか」と返しました。

これらのやり取りからして、手塚は「チーム」より「自分」と向き合うことに重点を置くようになったと考えられます。

なので、例え自分が試合に勝ってチーム(ドイツ)が敗北し、チームとしての世界大会優勝を逃したとしても、

今の手塚ならそれすら受け入れ、納得するのではないかと思うのです。

そう考えられると、わざわざ日本からドイツへ拠点を移すほどの覚悟を見せた手塚は、やはりこの試合で勝つべきだ!

そのように、私は考えなおしました。

 

まとめ

以上、今回の対戦で手塚が「手塚は負けてもいいんじゃないか」と思ったものの、「いや、やっぱり手塚が勝つべきか」と考え直した理由でした。

実際、手塚と幸村、どっちが勝つのかはまだ分かりません。

一体どのような決着のつき方になるのか、今後の展開も楽しみにしたいと思います。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!