【陸上】ゴールデングランプリ 男子100m結果が見れるサイトは?主な出場選手は?

2020年8月23日(日)に開幕する、陸上競技「セイコーゴールデングランプリ」

陸上ゴールデングランプリ当日、男子100mの結果が見れるサイトはどこか?

一体どんな選手が出場するのか?

気になることがあると思います。

この記事では、陸上ゴールデングランプリ・男子100m結果が見れるサイト、主な出場選手について解説していきたいと思います。

・ゴールデングランプリ陸上 男子100mの結果が見れるサイト

ゴールデングランプリ陸上の競技結果は、公式サイトにて見ることができます。

公式リザルト(外部リンクへ飛びます)

競技開始は、予選が15時06分、3組に分かれて行われます。

この予選のレースで、各組2着以上の選手∔それ以外タイム上位2名が、決勝進出となります。

決勝が行われるのは、16時45分。

ゴールデングランプリ、最後に行われるレースとなります。

きっと大きく盛り上がること間違いなしでしょう。

 

【追記】(15時40分ごろ)

予選が終了しました。見た感じ、なかなかに荒れているというか、自己ベストではあまり上位出なかった選手がトップに入ったりと、意外な展開が多かったですね。

予選1組(向かい風0.3m)

1位 東田 旺洋 10.38

2位 多田 修平 10.38

3位 山縣 亮太 10.42

 

予選2組(追い風0.7m)

1位 岩崎 浩太郎 10.34

2位 小池 祐貴   10.39

3位 宮本 大輔   10.46

 

予選3組(追い風0.7m)

1位 桐生 祥秀     10.09

2位 ケンブリッジ 飛鳥 10.11

3位 竹田 一平     10.25

 

以上、予選上位3名の選手と記録の結果を書いてみました。

予想では、優勝は桐生選手ではないかと思います。

なぜなら、今シーズンでも好調でしたし、予選タイムを見てもトップであるためです。

ただ、ケンブリッジ選手も、かなり桐生選手に食らいついていたので、

決勝では接戦になる可能性も考えられると思います。

・男子100m、主な出場選手は?

男子100mに出場する、主な選手は以下の通りです。※()内は自己ベストタイム

・桐生 祥秀     (9.98)
・小池 祐貴     (9.98)
・山縣 亮太     (10.00)
・多田 修平     (10.07)
・ケンブリッジ 飛鳥 (10.08)
・川上 拓也     (10.22)
・宮本 大輔       (10.23)

(残念ながら、日本記録保持者であるサニブラウン・アブデル・ハキーム選手は、今回出場しません…)

一人ずつ、簡単に紹介していきます。(敬称略)

・桐生 祥秀

はい、日本で最初に100m9秒台を出した選手です。

今月の大会で、10.04という好タイムを出したので、調子は良さそうだと思います。

・小池 祐貴

なんと、上で挙げた桐生選手と同い年。

高校時代、インターハイなどでよく一緒に走っており、その度桐生選手に先着されることが多かったですが、

2019年に、9.98を出したことで、ようやく桐生選手に追いつきました。

今年のゴールデングランプリでの対決では、一体どう決着が付くのか楽しみですね。

・山縣 亮太

慶応大学出身。10.00を連続で出しているという、安定感がすごい選手です。

今大会で、念願の9秒台が叶うことも、大いに期待されます。

・多田 修平

ロケットスタートと呼ばれるほどスタートが得意な選手。

かつてアメリカのトップ選手ジャスティン・ガトリンに、スタートで先行したこともあります。

・ケンブリッジ 飛鳥

父親がジャマイカ人で、後半の伸びが持ち味である選手。

今年の大会では、ヒゲを伸ばすというイメチェンにより、周囲を驚かせました。

・川上 拓也

この選手も、桐生選手、小池選手と同い年。

今大会で、それらの選手にどれほど食らいつけるのか、注目したいと思います。

・宮本 大輔

なんと、100m中学記録保持者。(10.56)

中学で最速の選手になり、大人になってもトップレベルで活躍できることは、すごいことだと思います。

・まとめ

以上、ゴールデングランプリ陸上の男子100mの結果が見れるサイトと、出場選手について解説していきました。

中継はテレビでも行われるみたいなので、そちらの方で観戦したいと思います。

東京オリンピックが延期になってしまったこともあり、出場選手もこの大会に対する熱意はすさまじいものになっていると思います。

一体どのようなドラマが待っているのか、非常に楽しみになってきますね。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!