遊戯王デュエルリンクス 新BOXに天使族モンスター多数収録!

遊戯王デュエルリンクスにて、明日の9月1日に新BOXが実装されることが発表されました。

その名も、「アリーナ・オブ・サンクチュアリ」

 

『サンクチュアリって、まるで代行者シリーズの天使族ストラクチャーデッキ「ロスト・サンクチュアリ」みたいだな~』、と思ったのですが、内容を見るとびっくり…

 

本当に天使族モンスターがたくさん実装されていました笑

 

パッケージを飾るのは、ドラゴン族融合モンスター「氷獄龍 トリシューラ」。

 

一見天使族と関係ないように見えてしまいますが、一緒に収録されているカードの一つが「ワルキューレ」シリーズ

 

「ワルキューレ」とは、アニメ遊戯王デュエルモンスターズのアニメオリジナル作品「KCグランプリ編」にて、ボスキャラにあたるジークが使用したデッキですね。

 

このBOXのキャッチコピーに、「ワルキューレが戦場を駆け抜ける!」とあるので、おそらくBOX名はこのキャッチコピーのイメージから来ているのでしょう。

 

というわけで、この記事では、新BOX「アリーナ・オブ・サンクチュアリ」に収録される天使族モンスターを紹介していきたいと思います。

「アリーナ・オブ・サンクチュアリ」に収録されている天使族モンスター

それでは、「アリーナ・オブ・サンクチュアリ」にある天使族モンスターのラインナップを見ていきましょう。

・「ワルキューレ」モンスター

先ほども少しご紹介した「ワルキューレ」シリーズ。

OCGで登場したのは2019年9月14日に発売された「EXTRA PACK 2019」。

まさか、そこから1年も経たない内にデュエルリンクスで収録されるとは驚きですね笑

その「ワルキューレ」モンスターを個別に見ていくと、

・「ワルキューレ・ヴリュンヒルデ」【UR】

・「ワルキューレ・シグルーン」【SR】

・「ワルキューレ・セクスト」【SR】

・「ワルキューレ・エルダ」【R】

・「ワルキューレ・ツヴァイト」【R】

・「ワルキューレ・ドリット」【R】

・「ワルキューレ・フィアット」【R】

・「ワルキューレ・フュンフト」【N】

戦車系を除いた「ワルキューレ」モンスターは以上です。レベル6の「ワルキューレ・アルテスト」は今回収録されないみたいですね。

それにしても、OCGではSRだった「ワルキューレ・ドリット」が、リンクスではRになってしまうとは驚きました…

代わりに「ワルキューレ・セクスト」がRからSRに格上げされています。

他にも、

・「戦乙女の戦車(ワルキューレ・チャリオット)」

・「運命の戦車(フォーチュン・チャリオット)」※「ワルキューレ」カードとしても扱う。

も収録されています。レアリティは、ともにNです。

モンスター以外のワルキューレ関連の魔法・罠カードは、

・魔「ワルキューレの抱擁」【R】

・魔「終幕の光」【R】

・罠「ローゲの焔」【R】

・罠「フライアのリンゴ」【R】

・魔「天馬の翼」【N】

となります。残念ながら、ワルキューレの象徴とも言える「時の女神の悪戯」は収録されていません…

 

・「アルカナフォースEX-THE DARK RULER」【SR】

アニメ遊戯王GXにて、斎王琢磨が使用したモンスター。

モンスターを3体リリースして特殊召喚する必要がありますが、自信のコイントス効果で表でも裏でも、強力な効果を発揮します。

 

・「コーリング・ノヴァ」【SR】

自身が戦闘で破壊された時、攻撃力1500以下の光属性天使族モンスターを特殊召喚できる、いわゆるリクルーターといわれるモンスター。

「シャインエンジェル」と似たような効果を持っていますが、そちらとの違いは、

・特殊召喚するのは、光属性かつ天使族でなければならない。(シャインエンジェルは、光属性であれば何族でも良い)

・特殊召喚するモンスターは、攻撃表示でも守備表示でも良い。(シャインエンジェルは、攻撃表示のみ)

さらに、「シャインエンジェル」にはない効果として、「天空の聖域」が存在する場合、代わりに「天空騎士パーシアス」を特殊召喚することも出来ます。

デッキが天使族で埋められてる場合は、「コーリング・ノヴァ」が優先されることが多くなるでしょう。

 

・「トリックスター」モンスター

なんと、遊戯王ブレインズでブルーエンジェルが使用したモンスターまで、収録されました。

ただ、「トリックスター」はリンク召喚を主力にしたシリーズで、デュエルリンクスにまたリンク召喚は実装されてないため、今回収録される数はあまり多くありません。

・「トリックスター・リリーベル」【R】

・「トリックスター・ナルキッス」【N】

魔法・罠カードは、

・魔「トリックスター・マジカローラ」【N】

・魔「トリックスター・ブーケ」【N】

正直、今回はほぼオマケといったラインナップだと思います。

本領を発揮するのは、リンク召喚が実装されてからだと思うので、その時が待ち遠しくなってきますね!

 

まとめ

以上、遊戯王デュエルリンクス新BOX「アリーナ・オブ・サンクチュアリ」収録の天使族モンスターについて紹介してきました。

今回「ワルキューレ」モンスターがたくさん収録されているので、それらのデッキを作るために、このBOXを購入してみようかなと思いました。

今後、新BOX開封レポートや「ワルキューレ」デッキに関する記事も書くかもしれないので、そちらも見ていただけると嬉しいです。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!