ニンテンドー3DSシリーズ、生産終了!?売り上げトップ5ソフト発表!

先日、任天堂公式ホープページより、ニンテンドー3DSシリーズの生産が終了になったことが発表されました。

ニンテンドー3DS公式サイト(外部サイトへ飛びます)

生産終了となるニンテンドー3DSシリーズは、日本で合計2500万台、世界で7500万台ほどの売り上げを記録したそうです。

日本でのニンテンドー3DSの発売日は2011年2月26日。

約9年間の時を経て、生産終了になるとは、なんだか寂しい感じもしますね…

 

さて、そのニンテンドー3DSで発売された多数のゲームソフト。

その内の日本国内売り上げトップ5のソフトを挙げていきたいと思います。

1位 とびだせ どうぶつの森 452万本 2012年11月08日発売
2位 ポケットモンスター X/Y 448万本 2013年10月12日発売
3位 ポケットモンスター サン/ムーン 383万本 2016年11月18日発売
4位 モンスターハンター4 359万本 2013年09月14日発売
5位 妖怪ウォッチ2 元祖/本家 317万本 2014年07月10日発売

 

1位・とびだせ どうぶつの森 452万本 2012年11月08日

1位は、「どうぶつの森」。

のんびりスローライフを楽しむことを目的とした作品です。

インターネット接続により見知らぬプレイヤーの街を訪れたり、すれちがい通信で他のプレイヤーのモデルハウスの内装を見ることもできました。

3DSの通信機能が、どうぶつの森のゲームシステムと相性が良かったということも考えられそうですね。

 

2位・ポケットモンスター X/Y 448万本 2013年10月12日

2位には「ポケットモンスター」ことポケモンがランクイン。

X/Yでは新たにメガシンカとフェアリータイプが追加。

さらに「ポケモンバンク」という、最大3000匹ものポケモンを預けたりできるサービスも配信。

ちなみに、このゲームを原作に、主人公サトシ、ヒロインをセレナとしたアニメも製作・放送されていました。

 

3位・ポケットモンスター サン/ムーン 383万本 2016年11月18日

ポケモン強っ!?

X/Yの続編にあたるサン/ムーンまでランクインしました。

新たなシステムとして、「Zワザ」が追加。全力(Zenryoku)のZから来ているそうで、その名の通り1回のバトルにつき1人1回しか使えません。

こちらもアニメ化しており、ヒロインにはリーリエが抜擢。さらには、サトシがやや日焼けした姿になるなど、キャラクターのビジュアルが全体的に変更されました。

 

4位・モンスターハンター4 359万本 2013年09月14日

カプコンの作品である「モンスターハンター」が4位にランクイン。

高低差を活かした立体的なアクションが可能となり、シングルプレイ時の拠点が村からキャラバン(隊商)へと変更になりました。

新モンスターに加えて、「イャンクック」といった旧作のモンスターもいくつか復活。

さらに、インターネット通信を使えば最大4人とマルチプレイが可能になり、全国のプレイヤーとの協力プレイを楽しむことが出来ました。

 

5位・妖怪ウォッチ2 元祖/本家 317万本 2014年07月10日

アニメにて「ヨーデルヨーデル」の歌でおなじみの「妖怪ウォッチ」。

そのゲーム版は、レベルファイブといった会社によって製作されていました。

様々な個性的な妖怪と、友達になったり、時にはバトルしたり、困った妖怪を退治して解決したりしていくRPGゲーム。

あの「くまもん」や太鼓の達人の「どんちゃん」ともコラボしたことがあるそうです。

 

まとめ

さて、生産終了が発表されたニンテンドー3DSの売り上げトップ5の作品を発表させていただきました。

先日紹介したゲームキューブの作品より、売り上げ数が大幅にアップしていて驚きました。

任天堂・ゲームキューブ19周年!?売り上げランキングTOP5発表!

ちなみに、ゲームキューブにて売り上げ1位をとった「大乱闘スマッシュブラザーズDX」の同シリーズの「大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS」は、255万本ほどの売り上げだそうです。

3DSが生産終了にあたって、一度それらのソフトを振り返ってみるのもいいかもしれませんね。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!