遊戯王OCG・宣告者リンクモンスター「虚光の宣告者」とは?

・「遊戯王OCG」の「LINK BRAINS PACK 3」購入記録
・新参の宣告者「虚光の宣告者(ミラージュ・デクレアラー)」解説
・筆者による、その総評は?

筆者は「遊戯王OCG」プレイヤー?

こんばんは、Hope(ホープ)です。

あなたは、「遊戯王」をご存じですか?

漫画やアニメでも有名なカードバトル系の作品で、それを元にしたカードゲームも発売されています。

実は私も、遊戯王のカードゲームやってます笑

2019年11月23日に発売された「LINK BRAINS PACK 3」を、

一箱(中身15パック)買ったこともありました。

箱や中のパックのデザインはこんな感じです。


サイバー空間的な雰囲気になっていて、綺麗ですね。

このパックで、私が目当てにしていたのは、『虚光の宣告者(ミラージュ・デクレアラー)』!

というのも、私は天使族モンスターを好んで使っているんですよね。

なので、その天使族モンスターのカテゴリの一つである

「宣告者(デクレアラー)」の新カードが出るって聞いた時、このパックを買ってみようと思いました。

そして、開封してみたところ、

まさかの2パック目で「虚光の宣告者(ミラージュ・デクレアラー)」が当てることが出来ました。

やっぱり、目当てのカードが当たった時の嬉しさは、かなり大きなものですね。

新参の宣告者「虚光の宣告者(ミラージュ・デクレアラー)」解説

せっかくなので、この「虚光の宣告者(ミラージュ・デクレアラー)」の

イラストや性能などの解説をしていきたいと思います。

まずは、イラストについて。

橙色の羽に、腕のようなものもついた体つきになっており、全体的にキラキラ光ってて綺麗ですね。

よく見ると、結晶のような部分が透けて見えている気がします。

やはり、「虚光(ミラージュ)」の名前の通り、実体が存在しないようなイメージになっているのでしょうか。

 

では、その性能について。

・リンクモンスターであり、リンク素材に必要なのは「トークン以外の同じ種族・属性のモンスター2体」

このカードはリンク2のリンクモンスターで、EXデッキから特殊召喚することになります。
条件になる「同じ種族・属性のモンスター」ということは、例えば天使族・光属性モンスター2体、悪魔族・闇属性モンスター2体、みたいな感じで、種族と属性が一致するモンスター同士であれば、何でも素材にできるということですね。(トークンは除く)

 

・攻撃力は600。守備力はリンクモンスターなので無し。

攻撃力600というのは、下級宣告者モンスター(緑光・朱光・紫光)2体の攻撃力の合計と一致します。
ちょうどその下級宣告者モンスター2体を素材として、このカードを出すことも出来ます。
ちなみに、シンクロモンスターの「虹色の宣告者」、エクシーズの「聖光の宣告者」の攻撃力も同じ600です。

 

・効果その1、1ターンに一度、魔法・罠カードの効果発動時、手札の天使族モンスター一体を墓地に送ることで、そのカードの発動と効果を無効にして破壊できる。

宣告者シリーズと同様、手札コストと引き換えにカウンター罠のような無効効果を持っていますね。
他の宣告者だと、「魔法・罠カードの発動時」となっていますが、こちらは、「魔法・罠カードの効果発動時」となっています。
『…え、何が違うの?』と思われたかもしれません。
実は、「魔法・罠カードの効果発動時」になったことで、既に表側表示になっている永続魔法や永続罠などの効果にもカウンター出来るようになりました。
ある意味、他の宣告者にとって穴だった部分が埋められたのは嬉しいですね。

・効果その2、このカードが相手によって墓地に送られた場合、自分の墓地の儀式モンスターか儀式魔法の中から合計2枚まで選んで手札に加える。(同名カードは1枚まで、こちらも1ターンに1度)

こちらは儀式に関するサポート効果になっていますね。
相手によって墓地に送られる必要がありますが、その時最大2枚まで手札を補充できるのは嬉しいです。

筆者による「虚光の宣告者(ミラージュ・デクレアラー)」の総評は?

で、この「虚光の宣告者(ミラージュ・デクレアラー)」に関する、個人的な総評はというと…

『使いどころが難しいカードだなぁ…』って、思いました。

正直、微妙…といった感じですね。

このカード当ててあれだけ喜んでましたが、考えてみるとそういう結論になってしまいました(^^;)

その理由については、また別の記事で書いていきたいと思います。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

 

P.S.

アニメ「遊☆戯☆王」シリーズを、動画サイト「U-NEXT」にて視聴できるようになりました。

詳しくは、こちら