遊戯王OCG「宣告者の神巫」の性能・効果を解説!

・「遊戯王OCG」の「宣告者の神巫(デクレアラー・ディヴァイナー)」
そのカードの効果などを解説していきます。

「宣告者の神巫(デクレアラー・ディヴァイナー)」とは!?

「神光の宣告者(パーフェクト・デクレアラー)などを率いる

宣告者モンスターの一体である、「宣告者の神巫(デクレアラー・ディヴァイナー)」。

このカードは、2020年2月4日に発売されるマンガ「遊☆戯☆王OCGストラクチャーズ 第1巻」の付録として登場しました。

こちらの記事でも、紹介しています。

つまり、このマンガさえ買えば、(中古でない限り)必ずついてくるといのは嬉しい点ですね。

さて、この「宣告者の神巫(デクレアラー・ディヴァイナー)」というのは、一体どういったカードなのか、まとめていきます。

(ちなみに、ディナイヴァーではありません、ディヴァイナーです)

「宣告者の神巫(デクレアラー・ディヴァイナー)」の性能・効果

・光属性天使族レベル2のチューナーで、攻撃力500守備力300。

まずパラメーターについては、上記の通りです。
何気にチューナーであることもポイントですね。
光属性天使族というのは、他の宣告者モンスターと同じです。
レベルや攻撃力守備力はかなり低めではありますが、このカードは効果、いわゆる特殊能力を2つ持っています。

 

・効果1:召喚、特殊召喚成功時に、デッキかEXデッキから天使族モンスターを墓地に送ることができる。

なんと召喚だけでなく、特殊召喚に成功した時にも発動できます。
メインデッキだけでなく、EXデッキにも対応しているので、
融合・シンクロ・エクシーズ・ペンデュラム・リンクモンスターを直接墓地に送れます。
いわゆる、天使族限定で「おろかな埋葬」「おろかな重葬」を合わせたような効果になってますね。

 

・効果1で墓地に送ったモンスターのレベル分、ターン終了時までこのカードのレベルが上がる。

つまり、レベル4のモンスターを墓地に送れば、このカードのレベルが6になるということですね。
このカード自身チューナーなので、レベルをうまく調整して幅広いシンクロ召喚、
またはエクシーズ召喚に繋げることも可能だと思われます。
他にも、レベルを上げることで、儀式召喚時のリリースの役に立てそうですね。

 

・効果2:このカードがリリースされた場合、手札かデッキから「宣告者の神巫」以外のレベル2以下の天使族一体を特殊召喚できる。

アドバンス召喚や儀式召喚などでこのカードをリリースすると、同名カード以外のレベル2以下の天使族を出せるので、アドバンテージを保つこともできそうですね。
さすがに続けてこのカードを出すことはできないとはいえ、天使族を並べることが出来るのは嬉しいです。

 

・効果1と2、両方とも1ターンに1度しか発動できない。

これらの効果には、両方ともターン制限があります。
1ターンに「宣告者の神巫」を2体以上召喚、または特殊召喚出来たとしても、効果の発動はターン中1度しか使うことが出来ません。

さて、「宣告者の神巫」の能力について一通り書いてみました。

これらを見た上で私の中での総評ですが…

「え、これ強すぎじゃないか!?」と思いましたね。

その理由等のついては、また別の記事でまとめます。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

 

P.S.

アニメ「遊☆戯☆王」シリーズを、動画サイト「U-NEXT」にて視聴できるようになりました。

詳しくは、こちら