新テニスの王子様【24巻】241話 あらすじ・感想

こんばんは、Hope(ホープ)です。

前回の続きを書かせていただきます。

前回:新テニスの王子様 240話 あらすじ・感想

注意:この記事は、「新テニスの王子様 第24巻」に関する内容・ネタバレを含みますので、閲覧にはご注意ください。

新テニ 241話。クライマックス!交渉と試合の行方は!?

『』内の太文字はあらすじ、それ以外は私のコメントとなっています。

『日本対フランス初戦のクライマックス。
白石だけでなく、君島も奮闘し、汗だくでガッツポーズをしながら、第二セットを取れる直前まで来ていた。
それを見た同僚は言う「あんな君島、見たことない…」と。』

言われてみれば、君島がもっとクールなイメージだった気がしますね。
あそこまでガッツポーズをしているのも、初めて見たかもしれません。

 

『ここで回想が入り、君島が種ヶ島に対して行った交渉の内容が明かされた。
君島は、合宿編で中学生を使って、パートナーであった遠野に怪我させたことがあった。なぜかというと、遠野の相手の体にぶつけるというテニスを卑劣なものと感じて、大嫌いだったから。しかし、怪我をさせてから、君島はあることに気がついたという。
それは、「彼(遠野)の勝利への執着心が、自分に足りないものを補ってくれていた」ということ。そのことを君島は反省し、直接遠野に謝罪する機会を作りたい。
そこで、遠野と唯一仲がいいらしい種ヶ島に、その機会を作ってもらえるようお願いしていた。』

嫌いだった人間を怪我させてせいせいしていたのかと思ったら、むしろ自分に足りないものに気が付いて後悔していたのですね。
というか、仲のいい人が種子島しかいない遠野って、よっぽどの嫌われ者なのでしょうか…(たしかに気性の荒いところはありますが)
そもそも、なんで彼とダブルスを組むことになったのかも気になりますね。

 

『場面は試合に戻り、フランス側のマッチポイントとなった。
しかし、君島と白石は最後まで粘ろうといていた。
その時白石は思う。「俺は他の皆が進化していってるのを見てて、焦っていたのかもしれない。でも、自分が持っているものを信じよう。
俺は「星の聖書(スターバイブル)」と共に進み続ける。」と。』

これはなかなか感動的なシーンですね。
白石は、しばらく伸び悩んでた時期があったのかもしれませんね。
そんな中、周りがどんどん伸びたり進化していったりすると、つい焦ったり嫌になったりする気持ちもわかります。
でも、実質オール7になれる能力を手に入れたってなれば、周りもあっと驚くほどの進化といえるのではないでしょうか。

 

『そして白石は強烈なショットを打つが、フランスにギリギリ返され、ネットに当たったものの、日本側へボールは落ちる。
君島はなんとか返そうとするが、ネットにかかってしまった。そして君島は言う。
「ネットを超えなさい!」そして白石も、「超えろぉー!」と。』

これはなんと、ボールに交渉を試みたのでしょうか。
白石も一緒に交渉し始めるとは、熱い展開ですね。
かつて真田がやった「向こうに入らんかぁ!」を思い出しますね。

 

『結果は…ネットを超えることはできず、試合終了。初戦はフランスチームの勝利となった。』

あらら、真田のように気迫で押すことは出来なかったようで、残念です…

 

『試合後、種ヶ島は、膝を負傷した君島に治療を施すよう、遠野に頼んだ。
その時、君島は遠野に、自分がやった過ちのことを話そうとするが、遠野は途中で話をさえぎってしまった。そして一言、「また(お前と)組んでやってもいいぜ」と。
どうやら、君島がやったことは、全てお見通しだったようだ。』

あれ、遠野はこのこと知ってたんですね…
一体どうやって知ることが出来たのか気になりますよね。
実は、君島が木手や丸井に交渉しているのを、ちょうど聞いていたのか、
それとも、誰かが入れ知恵したのか…
それにしても、知っててあえて何も言わず、また組んでやろうと持ち掛けるとは、
気性の荒い遠野にしては、ずいぶん優しいですね笑
おまけに、怪我人を余計に怪我させるようなこともやりかねない気もしますが、
きちんと治療してくれるというのも、なかなか感心です。
余談ですが、遠野の髪の毛、前よりツヤツヤ感が増して見えるのは気のせいでしょうか笑

 

第一試合ダブルス2は、これで終了です。
さて、お次は2戦目、ダブルス1が始まります。対戦する選手は…

続く…

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

 

次回:新テニスの王子様【24巻】242話 あらすじ・感想

 

P.S.

アニメ「テニスの王子様」全話を、動画サイト「U-NEXT」にて視聴できるようになりました。

特に「全国大会篇」シリーズは、8月までの期間限定となっています。

2021年の8月末でした、申し訳ございません。

詳しくは、こちら